ホーム製品inspirX Communication > 特徴

inspirX Communication 特徴

カスタマイズ性と拡張性に優れ、規模や状況に応じた柔軟な対応が可能。そして何よりもコールセンター等の顧客接点最前線にたつオペレータの「現場での使い勝手」を最重要視しています。

4.1へのバージョンアップで強化された機能はこちら >>

特定の業種・業務に偏らず、Webブラウザでご利用できるシンプルで使い勝手の良いソフトウェア

特別な環境は不要です。本社と各支店間などの離れた拠点同士でも、ネットワークがつながっていれば情報共有が可能です。一般的なコールセンターやコンタクトセンターでのコンタクト履歴管理はもちろん、医療メーカー、情報産業等の専門的な応対管理にもカスタマイズにより幅広くご活用いただけます。ユーザのITリテラシーに依存せず、シンプルで使い勝手の良い画面/機能設計を最優先しました。

コールセンターでのコンタクト内容入力画面

受電入力画面


CRM情報基盤と、プラットフォームの標準搭載で、他Family製品やすでにお使いのソフトウェアなどとのシームレスな利用が可能に!

CRM情報基盤と統合プラットフォームの標準搭載で、ユーザ認証管理、ポータル画面、データベースの共有化を実現。ユーザはアプリケーションの違いを意識することなく、違和感を感じずに業務を実施することができます。

ポータル画面

ポータル画面


プラットフォーム連携で大規模案件にも対応可能

スケジュール管理、組織、団体マスター入力、共有事項の伝達など総合ポータルの役割を果たす「inspirX Navigator(インスピーリ ナビゲータ)と、入力情報や各種マスター等を一元管理し、外部システムとの連携など高い拡張性とカスタマイズ性を担保する「inspirX Platform(インスピーリ プラットフォーム)が標準装備されました。これにより、コールセンターのみならず、他部署、別支店など複数拠点での共通したデータの利用が可能になり、メンテナンス作業の軽減や、利用規模拡大機能拡張が比較的容易になるなど、様々なメリットが想定されます。


inspirX Communication4.1で強化された機能

個人からの問い合わせを必要に応じて特定の組織、団体に紐づけ可能!

BtoB向け顧客情報管理機能を更に強化し、個人からの問い合わせが組織、団体のマスター情報に紐づけられるようになりました。 例えば、顧客企業の本社と支社、部署別、担当者別の問い合わせ情報が一覧で表示されるため、顧客企業担当のオペレータ、スタッフが不在でも、いつ、どの部署の誰から、どのような内容のコンタクトがあったのか、一覧表の中から詳細を把握できます。中長期にお客様と信頼関係を結ばなければならないルートセールス型既存顧客深耕型の営業を行う企業や組織にもご利用しやく改善されました。

個人からのお問い合わせを企業に紐づけられる仕組み


ヘルプデスクやメンテナンス業務にも利用できる機能を搭載!

障害、保守、修理等の情報を入力・管理できる機能を搭載、受発注、お問い合わせ、クレーム対応といった従来想定されるコールセンターのコンタクト履歴だけでなく、ヘルプデスクや製品メンテナンス業務も同時にカバーすることが可能です。

障害、保守、修理等の情報を入力・管理できる画面

【製品に関するお問い合わせ先】

バーチャレクス・コンサルティング株式会社
電話:03-3578-5322
受付時間:月~金 午前9 時~午後6 時(ただし、年末・年始・祝日を除く)

ウェブ専用お問い合わせフォーム